プロフィール

ギャンビット

Author:ギャンビット
YOKOHAMAガレージ館のマスコットキャラクター

ギャンビットくん

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

 

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔話 バイト君 ③

こんにちは、小ギャンビット君です。

本日は昔話その3でゴザイマス。

先輩のおかげで無事にピンチを乗り切った私はその後も順調に仕事を教わっていきました。

タイヤチェンジャーやほかの工具類も使い方を覚え、商品の仕上げにいそしむ毎日を過ごしておりました。

自分なりのアイディアで、色々なタイヤとホイールの組み合わせを変えたりするのが楽しい時期でした。

そんな中、当時の店舗でキャンペーンを行うことになったんです。(内容については忘れちゃいました)

そこで、本社から課長さんが来て私に言ってきたんです。



課 「来月はお客様がたくさん来るはずだから販売やってみて」

私 「良くわからないんですけど」

課 「大丈夫!普段みんながやってることの真似からでいいから」

私 「ですからそれがわからないんですけど・・・・」

課 「分からないことは聞きながらやってね」
(私の意見を全く聞いていない)

私 「いやーでも・・・」

課 「じゃ、ヨロシクネ」




こんな感じのやり取りでいきなりお客様にホイールを売ることになってしまいました。

その後の数日は、接客中の先輩やお客様の近くで聞き耳をたててみたり、自分なりのシュミレーションをして疑問点を先輩に聞いたりしていました。


そんな中、たまたま私一人がフロアーにいたときにお客様が来店し、私に話しかけて来たんです。












さて、話の途中ですが続きは次回に致します!

ランチが届き、目の前で早く食べて欲しいオーラを出しまくっているので。

っていうか腹ぺこなだけなんですけどね。


では。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 車・バイク

<< もうすぐクリスマス | ホーム | 冬の朝! >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。