プロフィール

ギャンビット

Author:ギャンビット
YOKOHAMAガレージ館のマスコットキャラクター

ギャンビットくん

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

 

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きな車 乗ってますか?の巻き!

こんばんは、小ギャンビットです。

夕暮れ時、店舗から事務所への帰り道。

いつもの景色。

ん?

暗いな、いつもよりも。

って、あれ?いつもは何千ルクスか知らんけど、あっかるーいコンビニの店内が。

暗かった。

何でなんでしょうね。暗いコンビニ初めて見ました。


さて、本日のお題。

空が暗いうちに会いに行く為に足早に駐車場へ。

そこには私を待っている相棒の姿。

通常モデルとは一線を画す張り出したフェンダーライン。

根本構造を弄ってまで突っ込んだV8ユニット。

現在のそれとは異なるが、私を待っている四角いヤツ。

徐にキュルキュルとセルを回し火を入れる。

ブォンと息吹をあげる相棒に直ぐにでも乗り込みたい気持ちを押さえ、一服しながらこの後のワクワクを想像し。

穏やかな気持ちでシートへと腰を下ろす。

高速までの国道1号線は1,000回転強でトルクを楽しみ。

いよいよ高速では・・・・・・

まー待て。

ご機嫌を確認しつつ、ハーフアクセル。

20分程走ると。

視界スッキリのいつもの場所。

ガバッとアクセルを開けると、何処まで行っちゃうのってくらいの加速感。

これこれ、なんて思いながらしばし楽しむ。

ふわわkm/hを超えるとアドレナリンがバンバン出ていると思う。

水温に気を使いながらも全開を楽しむ。

たった10分少々でも、しっかりと満足感を与えてくれた。

そんな車もアリでしょう。

トラブん無い為に突っ込んだのは多額だったが。

あの加速、また味わいたいものです。

時代に反しているのは承知しているが。

大排気量の痺れる加速とトルク。

次はいつ乗れるかな。

なんて思い出すことありますね。

皆さんはいかがですか?

好きな車に乗ってますか?

乗っているなら大切にしてくださいね。

次は・・・・・

無いかもよ。

私もまた乗れるように頑張っちゃおうっと。


でも、そんな元相棒も。

W211のAMGと張った時は離されちゃったんダヨね。

こっちは全開なのに、向こうは涼しい顔してスーっと離れた時には悔しかったね。

次は最高と言われている6.0バージョンがいいな。


現実はね。

次の釣行の為に、リールにラインを巻きなおしてるとこ。

こっちも別の意味でアドレナリンがバンバン出るんだよね。

久々にふと思い出したので、何となく書いてみました。


梅雨も明けたことだし、張り切って連休も乗り切りましょう。



では。




スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 車・バイク

<< 次の休みはいよいよ!の巻 | ホーム | お疲れ様でした~! >>

コメント

あの火を入れた時のV8サウンドは、毎度シビレるでしょう。

私もやはりもう一度、水平対抗2ℓ4駆たぁーぼを扱いたいですね。
V8・V10あたりの大排気量車も乗ってみたいです。
乗りたい&欲しい処では、650iですが、全然ムリムリi-202

釣りのアドレナリンでは、やはり大物青物釣り。
ロッド折られちゃうんじゃねェ系の牽きは、アドレが出まくりマクリスティi-202

小ギャンさんも機会があれば、是非v-237v-237

おっつー。
やっぱり痺れたね。
水平対向の例のやつは速過ぎたよね。
独身の強みで6シリーズいっとく?

青物も魅力だけど・・・・
これ以上ハマるとお金がヤバいっす。凝るとバッチリ揃える性質だからね。怒られるの間違いないよ。

でもさ、今年はサーフにスカッと弓角も投げに行こうよ。
ありゃ手軽でお財布にも優しいね。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。