プロフィール

ギャンビット

Author:ギャンビット
YOKOHAMAガレージ館のマスコットキャラクター

ギャンビットくん

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

 

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

多忙な日。


あとは野となれ山となれ。

こんばんは、遊ギャンビットです。



月に一・二度くらいの割合で嵐のように忙しい一日がある。


電話はひっきりなしに鳴り続ける。
問い合わせ・注文・クレーム・内容は様々だが、とにかく鳴り止まないのでその対応だけでも一苦労だ。


そんな中であれやこれやと動いているとだんだんと思考力がなくなる。


いつのまにか目の前に山のような仕事が溜まっており、片っ端から片付けていくのだが、それを上回るペースで仕事が増えるので、終わりがない。
全員がそんな状態でまさに職場は戦場となる。


援護を頼もうにもそれぞれが各個応戦状態で他人を助ける余裕はない。



完全に思考停止。



こうなるとヤバイ。
できるできない関係なく、全ての仕事を二つ返事で引き受けてしまうので、我に返ったとき絶望的な仕事量に死にたくなる。
今この瞬間に地球が滅べと思う。


それでも夜も更ければ電話も鳴り止むのでようやくペースを取り戻し、コツコツ片付けていく。


疲れる。眠くなる。椅子で仮眠。むしろ失神に近い。
ハッと起きて再び戦闘開始。
白目を剥きながら失神したり死にかけたり本当にちょっと死んだりしながらそれでもなんとか頑張る。


と、そこへ天使のごとき後輩が
「手伝いましょうか?」
救いの手。神と後輩に感謝。


と、そこへ悪魔のごときメールが
「締め切り明日」
この世には神も仏もない。再び絶望。



日付も変わるころ、ちらほら同僚が帰り支度。
ひとり、またひとりと戦線離脱。



ドサ!



鈍い音。見れば後輩が椅子から滑り落ちている。
ついに戦死者が出てしまったようだ。



「も、もうダメです、寝させて…」



君はよくやってくれた。労いのコトバをかけ、後輩を暖かい部屋に安置し、合掌。



最後まで戦った。
勇敢に立ち向かった。
それでも報われない時はある。
尊い犠牲を払って得たものはなんだったろう?




戦争とはむなしいものだ。


スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 車・バイク

<< 買うもん間違えたか?の巻き | ホーム | いいわけ >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP